略歴:荻野 司(おぎの つかさ) 博士(工学)

1986 年キヤノン(株)入社。中央研究所を経て、ハードウェア及びソフトウェア設計等、新製品の開発に携わる。ISP 事業開始のため1996 年ファストネット(株)へ出向。1999 年 同社取締役に就任。

その後、2000年(株)インターネット総合研究所 執行役員、(株)インターネットシーアンドオー代表取締役社長を経て、2003年株式会社ユビテック代表取締役社長に就任し、2005年6月に同社の上場を果たす。

また、2000 年から(社)日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)のIP 担当理事、IPv6 普及・高度化推進協議会には設立時より参画し常務理事を務めIPv6 普及の啓蒙活動を推進。一方、東京大学におけるグリーンITプロジェクトに参画。ITを用いた「やりたくなる省エネ」の実現にも注力している。

2014年10月、重要生活機器連携セキュリティ協議会を立ち上げ、代表理事として人を中心とした生活機器のセキュリティ、特に組込みセキュイティに関する基盤技術開発を推進している。また、2014年11月より、京都大学 宇宙総合学研究ユニット 特任教授に就任し、最先端技術の産業応用に向けた活動も行っている。